読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As rookie

ルーキーインフラエンジニアがインフラのこと以外も結構書いてしまうブログ

manのセクションとmanファイル(11日坊主)

  • この記事はsolo_advent_calender 2016年12月11日のものです。

こんにちは ショート advent calender11日目です。

manで気になったことがあったので調べた結果です。

普段コマンドのことで分からなかったことがあったらman 使ったら良いっていう認識でサーバー触ってます。

ではそのmanのファイルはどこにいるのでしょう

どうやら$MANPATH にmanファイルが置かれているディレクトリがありそう。

echo $MANPATH

謎の空白が帰ってきた。これはちょっとわからない。 一度置いといて

manの設定は/etc/man.config 書いてあります。 そこに

MANPATH /usr/share/man

という記述が!とりあえず移動

cd /usrshare/man

このディレクトリの中にenkoja がありました。

私の環境では日本語でmanが表示されているので

cd ja
ls
man1  man2  man3  man4  man5  man6  man7  man8  man9

さらにディレクトリが9個もある。。。

どれをみれば設定ファイルがあるんだ?何の数字?

結論からいうとこの数字はセクションの数字です。

セクションとは、ドキュメントの内容の分類だそうです。

セクションの数字の対応表

Linuxコマンド集 - 【 man 】 オンライン・マニュアルを参照する:ITpro

このページで記されてますので参考にします。

そしてmanコマンドで

コマンドのセクションは何番と何番があるのかというのは

man -f <コマンド>

で確認することができます。たとえば

$ man -f passwd

passwd               (1)  - update user's authentication tokens
passwd               (5)  - password file

というふうに表示されます。

そして

$ cd man5

$ ls | grep passwd
passwd.5.gz

やはりmanの5番目のディレクトリにpasswd関係のファイルがありました。

ですが、gzip形式で圧縮されているようです。

これを展開して中身を見たい気持ちはありますが、今日はここまで。

PS. manの6番目のセクションはゲーム らしいのですが、man6 に格納されている.gzファイル名でmanを実行するとゲームの説明がみれることに気づきました。 ここも深くみていきたいものです。