As rookie

ルーキーインフラエンジニアがインフラのこと以外も結構書いてしまうブログ

GCPのIAMの日本語/英語対応のCSV作った。

ブラウザ側名前とAPIで取得する名前が、英語と日本語別なので、対応CSV作った。
これをつかってGoogle Spread Sheetにはりつけるなり、grepするなりする。
おかしいところあればご指摘ください。

※ 最終更新:2018年9月12日 (ブログ記事下の方に更新履歴あり)

親,子,API
Project,参照者,"roles/browser"
Project,編集者,"roles/editor"
Project,オーナー,"roles/owner"
Project,閲覧者,"roles/viewer"
Android Management,Android Management ユーザー,"roles/androidmanagement.user"
App Engine,App Engine 管理者,"roles/appengine.appAdmin"
App Engine,App Engine 閲覧者,"roles/appengine.appViewer"
App Engine,App Engine コード閲覧者,"roles/appengine.codeViewer"
App Engine,App Engine デプロイ担当者,"roles/appengine.deployer"
App Engine,App Engine サービス管理者,"roles/appengine.serviceAdmin"
BigQuery,BigQuery 管理者,"roles/bigquery.admin"
BigQuery,BigQuery データ編集者,"roles/bigquery.dataEditor"
BigQuery,BigQuery データオーナー,"roles/bigquery.dataOwner"
BigQuery,BigQuery データ閲覧者,"roles/bigquery.dataViewer"
BigQuery,BigQuery ジョブユーザー,"roles/bigquery.jobUser"
BigQuery,BigQuery ユーザー,"roles/bigquery.user"
Billing,プロジェクトの支払い管理者,"roles/billing.projectManager"
Binary Authorization,Binary Authorization アテスター管理者,"roles/binaryauthorization.attestorsAdmin"
Binary Authorization,Binary Authorization アテスター編集者,"roles/binaryauthorization.attestorsEditor"
Binary Authorization,Binary Authorization アテスター イメージ検証者,"roles/binaryauthorization.attestorsVerifier"
Binary Authorization,Binary Authorization アテスター閲覧者,"roles/binaryauthorization.attestorsViewer"
Binary Authorization,Binary Authorization ポリシー管理者,"roles/binaryauthorization.policyAdmin"
Binary Authorization,Binary Authorization ポリシー編集者,"roles/binaryauthorization.policyEditor"
Binary Authorization,Binary Authorization ポリシー閲覧者,"roles/binaryauthorization.policyViewer"
Cloud Bigtable,Bigtable 管理者,"roles/bigtable.admin"
Cloud Bigtable,Bigtable 読み取り,"roles/bigtable.reader"
Cloud Bigtable,Bigtable ユーザー,"roles/bigtable.user"
Cloud Bigtable,Bigtable 閲覧者,"roles/bigtable.viewer"
Cloud Build,Cloud Build サービス アカウント,"roles/cloudbuild.builds.builder"
Cloud Build,Cloud Build 編集者,"roles/cloudbuild.builds.editor"
Cloud Build,Cloud Build 閲覧者,"roles/cloudbuild.builds.viewer"
Cloud Composer,Composer 管理者,"roles/composer.admin"
Cloud Composer,環境とストレージ オブジェクトの管理者,"roles/composer.environmentAndStorageObjectAdmin"
Cloud Composer,環境ユーザーと Storage Object の閲覧者,"roles/composer.environmentAndStorageObjectViewer"
Cloud Composer,Composer ユーザー,"roles/composer.user"
Cloud Composer,Composer ワーカー,"roles/composer.worker"
Cloud DLP,DLP 管理者,"roles/dlp.admin"
Cloud DLP,DLP 分析リスク テンプレート編集者,"roles/dlp.analyzeRiskTemplatesEditor"
Cloud DLP,DLP 分析リスク テンプレート読み取り,"roles/dlp.analyzeRiskTemplatesReader"
Cloud DLP,DLP 匿名化テンプレート編集者,"roles/dlp.deidentifyTemplatesEditor"
Cloud DLP,DLP 匿名化テンプレート読み取り,"roles/dlp.deidentifyTemplatesReader"
Cloud DLP,DLP 検査テンプレート編集者,"roles/dlp.inspectTemplatesEditor"
Cloud DLP,DLP 検査テンプレート読み取り,"roles/dlp.inspectTemplatesReader"
Cloud DLP,DLP ジョブトリガー編集者,"roles/dlp.jobTriggersEditor"
Cloud DLP,DLP ジョブトリガー読み取り,"roles/dlp.jobTriggersReader"
Cloud DLP,DLP ジョブ編集者,"roles/dlp.jobsEditor"
Cloud DLP,DLP ジョブ読み取り,"roles/dlp.jobsReader"
Cloud DLP,DLP Stored InfoTypes 編集者,"roles/dlp.storedInfoTypesEditor"
Cloud DLP,DLP Stored InfoTypes 読み取り,"roles/dlp.storedInfoTypesReader"
Cloud DLP,DLP ユーザー,"roles/dlp.user"
Cloud Filestore,Cloud Filestore 閲覧者,"roles/file.viewer"
Cloud Filestore,IAP で保護されたウェブアプリ ユーザー,"roles/iap.httpsResourceAccessor"
Cloud Functions,Cloud Functions 開発者,"roles/cloudfunctions.developer"
Cloud Functions,Cloud Functions 閲覧者,"roles/cloudfunctions.viewer"
Cloud IAP,IAP ポリシー管理者,"roles/iap.admin"
Cloud IAP,IAP で保護されたウェブアプリ ユーザー,"roles/iap.httpsResourceAccessor"
Cloud IoT,Cloud IoT 管理者,"roles/cloudiot.admin"
Cloud IoT,Cloud IoT Device コントローラ,"roles/cloudiot.deviceController"
Cloud IoT,Cloud IoT 編集者,"roles/cloudiot.editor"
Cloud IoT,Cloud IoT プロビジョナー,"roles/cloudiot.provisioner"
Cloud IoT,Cloud IoT 閲覧者,"roles/cloudiot.viewer"
Cloud Job Discovery,管理,"roles/cloudjobdiscovery.admin"
Cloud Job Discovery,ジョブ編集者,"roles/cloudjobdiscovery.jobsEditor"
Cloud Job Discovery,ジョブ閲覧者,"roles/cloudjobdiscovery.jobsViewer"
Cloud KMS,クラウド KMS 管理者,"roles/cloudkms.admin"
Cloud KMS,クラウド KMS 暗号鍵の復号化,"roles/cloudkms.cryptoKeyDecrypter"
Cloud KMS,クラウド KMS 暗号鍵の暗号化,"roles/cloudkms.cryptoKeyEncrypter"
Cloud KMS,クラウド KMS 暗号鍵の暗号化 / 復号化,"roles/cloudkms.cryptoKeyEncrypterDecrypter"
Cloud KMS,Cloud KMS 暗号鍵の公開鍵閲覧者,"roles/cloudkms.publicKeyViewer"
Cloud KMS,Cloud KMS 暗号鍵の署名者,"roles/cloudkms.signer"
Cloud KMS,Cloud KMS 暗号鍵の署名者 / 検証者,"roles/cloudkms.signerVerifier"
Cloud Scheduler,Cloud Scheduler 管理者,"roles/cloudscheduler.admin"
Cloud Scheduler,Cloud Scheduler 閲覧者,"roles/cloudscheduler.viewer"
Cloud Security Scanner,Cloud Security Scanner 編集者,"roles/cloudsecurityscanner.editor"
Cloud Security Scanner,Cloud Security Scanner 実行者,"roles/cloudsecurityscanner.runner"
Cloud Security Scanner,Cloud Security Scanner 閲覧者,"roles/cloudsecurityscanner.viewer"
Cloud Services,Service Broker 管理者,"roles/servicebroker.admin"
Cloud Services,Service Broker のオペレータ,"roles/servicebroker.operator"
Cloud Spanner,Cloud Spanner 管理者,"roles/spanner.admin"
Cloud Spanner,Cloud Spanner データベース管理者,"roles/spanner.databaseAdmin"
Cloud Spanner,Cloud Spanner データベース読み取り,"roles/spanner.databaseReader"
Cloud Spanner,Cloud Spanner データベース ユーザー,"roles/spanner.databaseUser"
Cloud Spanner,Cloud Spanner 閲覧者,"roles/spanner.viewer"
Cloud SQL,Cloud SQL 管理者,"roles/cloudsql.admin"
Cloud SQL,Cloud SQL クライアント,"roles/cloudsql.client"
Cloud SQL,Cloud SQL 編集者,"roles/cloudsql.editor"
Cloud SQL,Cloud SQL 閲覧者,"roles/cloudsql.viewer"
Cloud Tasks,クラウドタスク管理者,"roles/cloudtasks.admin"
Cloud Tasks,クラウドタスクのデータ取り出し,"roles/cloudtasks.dequeuer"
Cloud Tasks,クラウドタスクへのデータ追加,"roles/cloudtasks.enqueuer"
Cloud Tasks,クラウド タスクキュー管理者,"roles/cloudtasks.queueAdmin"
Cloud Tasks,クラウドタスクのタスク削除,"roles/cloudtasks.taskDeleter"
Cloud Tasks,Cloud Tasks のタスク実行者,"roles/cloudtasks.taskRunner"
Cloud Tasks,クラウドタスク閲覧者,"roles/cloudtasks.viewer"
Cloud TPU,TPU 管理者,"roles/tpu.admin"
Cloud TPU,TPU 閲覧者,"roles/tpu.viewer"
Cloud Trace,Cloud Trace 管理者,"roles/cloudtrace.admin"
Cloud Trace,Cloud Trace エージェント,"roles/cloudtrace.agent"
Cloud Trace,Cloud Trace ユーザー,"roles/cloudtrace.user"
Compute Engine,Compute 管理者,"roles/compute.admin"
Compute Engine,Compute イメージ ユーザー,"roles/compute.imageUser"
Compute Engine,Compute インスタンス管理者(ベータ版),"roles/compute.instanceAdmin"
Compute Engine,Compute インスタンス管理者(v1),"roles/compute.instanceAdmin.v1"
Compute Engine,Compute ネットワーク管理者,"roles/compute.networkAdmin"
Compute Engine,Compute ネットワーク ユーザー,"roles/compute.networkUser"
Compute Engine,Compute ネットワーク閲覧者,"roles/compute.networkViewer"
Compute Engine,Compute OS 管理者ログイン,"roles/compute.osAdminLogin"
Compute Engine,Compute OS ログイン,"roles/compute.osLogin"
Compute Engine,Compute セキュリティ管理者,"roles/compute.securityAdmin"
Compute Engine,Compute ストレージ管理者,"roles/compute.storageAdmin"
Compute Engine,Compute 閲覧者,"roles/compute.viewer"
Container Analysis,Container Analysis 管理者,"roles/containeranalysis.admin"
Container Analysis,Container Analysis メモの添付者,"roles/containeranalysis.notes.attacher"
Container Analysis,Container Analysis メモの編集者,"roles/containeranalysis.notes.editor"
Container Analysis,Container Analysis メモの閲覧者,"roles/containeranalysis.notes.viewer"
Container Analysis,Container Analysis 実行回数の編集者,"roles/containeranalysis.occurrences.editor"
Container Analysis,Container Analysis 実行回数の閲覧者,"roles/containeranalysis.occurrences.viewer"
Dataflow,Dataflow 管理者,"roles/dataflow.admin"
Dataflow,Dataflow デベロッパー,"roles/dataflow.developer"
Dataflow,Dataflow 閲覧者,"roles/dataflow.viewer"
Dataflow,Dataflow ワーカー,"roles/dataflow.worker"
Dataprep,Dataprep ユーザー,"roles/dataprep.projects.user"
Dataproc,Dataproc 編集者,"roles/dataproc.editor"
Dataproc,Dataproc 閲覧者,"roles/dataproc.viewer"
Dataproc,Dataproc ワーカー,"roles/dataproc.worker"
Datastore,Cloud Datastore インポート / エクスポート管理者,"roles/datastore.importExportAdmin"
Datastore,Cloud Datastore インデックス管理者,"roles/datastore.indexAdmin"
Datastore,Cloud Datastore オーナー,"roles/datastore.owner"
Datastore,Cloud Datastore ユーザー,"roles/datastore.user"
Datastore,Cloud Datastore 閲覧者,"roles/datastore.viewer"
Deployment Manager,Deployment Manager 編集者,"roles/deploymentmanager.editor"
Deployment Manager,Deployment Manager タイプ編集者,"roles/deploymentmanager.typeEditor"
Deployment Manager,Deployment Manager タイプ閲覧者,"roles/deploymentmanager.typeViewer"
Deployment Manager,Deployment Manager 閲覧者,"roles/deploymentmanager.viewer"
Dialogflow,Dialogflow API 管理者,"roles/dialogflow.admin"
Dialogflow,Dialogflow API クライアント,"roles/dialogflow.client"
Dialogflow,Dialogflow API 読み取り,"roles/dialogflow.reader"
DNS,DNS 管理者,"roles/dns.admin"
DNS,DNS の読み取り,"roles/dns.reader"
Error Reporting,Error Reporting 管理者,"roles/errorreporting.admin"
Error Reporting,Error Reporting ユーザー,"roles/errorreporting.user"
Error Reporting,Error Reporting 閲覧者,"roles/errorreporting.viewer"
Error Reporting,エラー書き込み,"roles/errorreporting.writer"
Firebase,Firebase Test Lab 管理者,"roles/cloudtestservice.testAdmin"
Firebase,Firebase Test Lab 閲覧者,"roles/cloudtestservice.testViewer"
Firebase Crash Reporting,Firebase Crash Symbol アップロード,"roles/firebasecrash.symbolMappingsAdmin"
Genomics,Genomics 管理者,"roles/genomics.admin"
Genomics,Genomics 編集者,"roles/genomics.editor"
Genomics,Genomics Pipelines 実行者,"roles/genomics.pipelinesRunner"
Genomics,Genomics 閲覧者,"roles/genomics.viewer"
IAM,セキュリティ審査担当者,"roles/iam.securityReviewer"
Kubernetes Engine,Kubernetes Engine 管理者,"roles/container.admin"
Kubernetes Engine,Kubernetes Engine Cluster 管理者,"roles/container.clusterAdmin"
Kubernetes Engine,Kubernetes Engine 開発者,"roles/container.developer"
Kubernetes Engine,Kubernetes Engine Host サービス エージェント ユーザー,"roles/container.hostServiceAgentUser"
Kubernetes Engine,Kubernetes Engine 閲覧者,"roles/container.viewer"
Logging,Logging 管理者,"roles/logging.admin"
Logging,ログ設定書き込み,"roles/logging.configWriter"
Logging,ログ書き込み,"roles/logging.logWriter"
Logging,プライベート ログ閲覧者,"roles/logging.privateLogViewer"
Logging,ログ閲覧者,"roles/logging.viewer"
Machine Learning Engine,ML Engine 管理者,"roles/ml.admin"
Machine Learning Engine,ML Engine デベロッパー,"roles/ml.developer"
Machine Learning Engine,ML Engine 閲覧者,"roles/ml.viewer"
Memorystore Redis,Cloud Memorystore Redis 管理者,"roles/redis.admin"
Memorystore Redis,Cloud Memorystore Redis 編集者,"roles/redis.editor"
Memorystore Redis,Cloud Memorystore Redis 閲覧者,"roles/redis.viewer"
Proximity Beacon,ビーコン添付ファイル編集者,"roles/proximitybeacon.attachmentEditor"
Proximity Beacon,ビーコン添付ファイルの公開元,"roles/proximitybeacon.attachmentPublisher"
Proximity Beacon,ビーコン添付ファイル閲覧者,"roles/proximitybeacon.attachmentViewer"
Proximity Beacon,ビーコン編集者,"roles/proximitybeacon.beaconEditor"
Pub/Sub,Pub/Sub 管理者,"roles/pubsub.admin"
Pub/Sub,Pub/Sub 編集者,"roles/pubsub.editor"
Pub/Sub,Pub/Sub パブリッシャー,"roles/pubsub.publisher"
Pub/Sub,Pub/Sub サブスクライバー,"roles/pubsub.subscriber"
Pub/Sub,Pub/Sub 閲覧者,"roles/pubsub.viewer"
Reserve Partner,Reserve Partner 管理者,"roles/reservepartner.portalAdmin"
Reserve Partner,Reserve Partner 読み取り,"roles/reservepartner.portalReader"
Resource Manager,プロジェクト リーエンの変更,"roles/resourcemanager.lienModifier"
Resource Manager,組織の管理者,"roles/resourcemanager.organizationAdmin"
Resource Manager,プロジェクトの削除,"roles/resourcemanager.projectDeleter"
Resource Manager,Project IAM 管理者,"roles/resourcemanager.projectIamAdmin"
Resource Manager,プロジェクト移動,"roles/resourcemanager.projectMover"
Roles,役割の管理者,"roles/iam.roleAdmin"
Roles,役割の閲覧者,"roles/iam.roleViewer"
Service Accounts,サービス アカウント管理者,"roles/iam.serviceAccountAdmin"
Service Accounts,サービス アカウント キー管理者,"roles/iam.serviceAccountKeyAdmin"
Service Accounts,サービス アカウント トークン作成者,"roles/iam.serviceAccountTokenCreator"
Service Accounts,サービス アカウント ユーザー,"roles/iam.serviceAccountUser"
Service Usage,API キー管理者,"roles/serviceusage.apiKeysAdmin"
Service Usage,API キー閲覧者,"roles/serviceusage.apiKeysViewer"
Service Usage,Service Usage 管理者,"roles/serviceusage.serviceUsageAdmin"
Service Usage,Service Usage ユーザー,"roles/serviceusage.serviceUsageConsumer"
Service Usage,Service Usage 閲覧者,"roles/serviceusage.serviceUsageViewer"
Source,Source Repository 管理者,"roles/source.admin"
Source,Source Repository 読み取り,"roles/source.reader"
Source,Source Repository 書き込み,"roles/source.writer"
Stackdriver,Stackdriver Account 編集者,"roles/stackdriver.accounts.editor"
Stackdriver,Stackdriver Account 閲覧者,"roles/stackdriver.accounts.viewer"
Stackdriver,Stackdriver リソース メンテナンス時間枠の編集者,"roles/stackdriver.resourceMaintenanceWindow.editor"
Stackdriver,Stackdriver リソース メンテナンス時間枠の閲覧者,"roles/stackdriver.resourceMaintenanceWindow.viewer"
Stackdriver Debugger,Stackdriver Debugger エージェント,"roles/clouddebugger.agent"
Stackdriver Debugger,Stackdriver Debugger ユーザー,"roles/clouddebugger.user"
Stackdriver Profiler,Stackdriver Profiler エージェント,"roles/cloudprofiler.agent"
Stackdriver Profiler,Stackdriver Profiler ユーザー,"roles/cloudprofiler.user"
エンドポイント,Endpoints Portal 管理者,"roles/endpoints.portalAdmin"
サービスネットワーキング,Service Management 管理者,"roles/servicemanagement.admin"
サービス管理,Service Config 編集者,"roles/servicemanagement.configEditor"
サービス管理,割り当て管理者,"roles/servicemanagement.quotaAdmin"
サービス管理,割り当て閲覧者,"roles/servicemanagement.quotaViewer"
サービス管理,サービス コントローラ,"roles/servicemanagement.serviceController"
サービス管理,サービス ネットワーキング管理者,"roles/servicenetworking.networksAdmin"
ストレージ,ストレージ管理者,"roles/storage.admin"
ストレージ,ストレージのオブジェクト管理者,"roles/storage.objectAdmin"
ストレージ,ストレージのオブジェクト作成者,"roles/storage.objectCreator"
ストレージ,ストレージ オブジェクト閲覧者,"roles/storage.objectViewer"
その他,AutoML 管理者,"roles/automl.admin"
その他,AutoML 編集者,"roles/automl.editor"
その他,AutoML 予測者,"roles/automl.predictor"
その他,AutoML 閲覧者,"roles/automl.viewer"
その他,Firebase Crash Symbol アップローダー(非推奨),"roles/mobilecrashreporting.symbolMappingsAdmin"
その他,Cloud RuntimeConfig 管理者,"roles/runtimeconfig.admin"
その他,「Google で購読」デベロッパー,"roles/subscribewithgoogledeveloper.developer"
モニタリング,モニタリング管理者,"roles/monitoring.admin"
モニタリング,Monitoring AlertPolicy 編集者,"roles/monitoring.alertPolicyEditor"
モニタリング,Monitoring AlertPolicy 閲覧者,"roles/monitoring.alertPolicyViewer"
モニタリング,モニタリング編集者,"roles/monitoring.editor"
モニタリング,モニタリング指標の書き込み,"roles/monitoring.metricWriter"
モニタリング,モニタリング通知チャネルの編集者,"roles/monitoring.notificationChannelEditor"
モニタリング,モニタリング通知チャネルの閲覧者,"roles/monitoring.notificationChannelViewer"
モニタリング,稼働時間チェックのモニタリング設定の編集者,"roles/monitoring.uptimeCheckConfigEditor"
モニタリング,稼働時間チェックのモニタリング設定の閲覧者,"roles/monitoring.uptimeCheckConfigViewer"
モニタリング,モニタリング閲覧者,"roles/monitoring.viewer"
組織ポリシー,アクセスの透明性管理者,"roles/axt.admin"
組織ポリシー,組織ポリシー閲覧者,"roles/orgpolicy.policyViewer"

更新履歴

  • 2018/09/12 当時のもの

POSIX1日1コマンド[part12]: cal

mokicks.hatenablog.com

詳細はこちらの記事へ。1日1POSIXコマンドを実行してみようというやつです。

cal

cal

とりあえず使ってみる

[vagrant@localhost 012]$ cal
   September 2018
Su Mo Tu We Th Fr Sa
                   1
 2  3  4  5  6  7  8
 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

素敵。
カレンダーが出力されました。

calを知る

ざっくり使い方

cal [[month] year]
[vagrant@localhost 012]$ cal 2018
                               2018

       January               February                 March
Su Mo Tu We Th Fr Sa   Su Mo Tu We Th Fr Sa   Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1  2  3  4  5  6                1  2  3                1  2  3
 7  8  9 10 11 12 13    4  5  6  7  8  9 10    4  5  6  7  8  9 10
14 15 16 17 18 19 20   11 12 13 14 15 16 17   11 12 13 14 15 16 17
21 22 23 24 25 26 27   18 19 20 21 22 23 24   18 19 20 21 22 23 24
28 29 30 31            25 26 27 28            25 26 27 28 29 30 31

        April                   May                   June
Su Mo Tu We Th Fr Sa   Su Mo Tu We Th Fr Sa   Su Mo Tu We Th Fr Sa
 1  2  3  4  5  6  7          1  2  3  4  5                   1  2
 8  9 10 11 12 13 14    6  7  8  9 10 11 12    3  4  5  6  7  8  9
15 16 17 18 19 20 21   13 14 15 16 17 18 19   10 11 12 13 14 15 16
22 23 24 25 26 27 28   20 21 22 23 24 25 26   17 18 19 20 21 22 23
29 30                  27 28 29 30 31         24 25 26 27 28 29 30

        July                  August                September
Su Mo Tu We Th Fr Sa   Su Mo Tu We Th Fr Sa   Su Mo Tu We Th Fr Sa
 1  2  3  4  5  6  7             1  2  3  4                      1
 8  9 10 11 12 13 14    5  6  7  8  9 10 11    2  3  4  5  6  7  8
15 16 17 18 19 20 21   12 13 14 15 16 17 18    9 10 11 12 13 14 15
22 23 24 25 26 27 28   19 20 21 22 23 24 25   16 17 18 19 20 21 22
29 30 31               26 27 28 29 30 31      23 24 25 26 27 28 29
                                              30
       October               November               December
Su Mo Tu We Th Fr Sa   Su Mo Tu We Th Fr Sa   Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1  2  3  4  5  6                1  2  3                      1
 7  8  9 10 11 12 13    4  5  6  7  8  9 10    2  3  4  5  6  7  8
14 15 16 17 18 19 20   11 12 13 14 15 16 17    9 10 11 12 13 14 15
21 22 23 24 25 26 27   18 19 20 21 22 23 24   16 17 18 19 20 21 22
28 29 30 31            25 26 27 28 29 30      23 24 25 26 27 28 29
                                              30 31
[vagrant@localhost 012]$ cal 8 2018
     August 2018
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1  2  3  4
 5  6  7  8  9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ざっくりDESCRIPTION

カレンダーを表示する。
[cal] ユーティリティーは、1752年9月14日にグレゴリオ暦が採用されたかのように、

を使用して標準出力にカレンダーを書き出します
オペランドが指定されていない場合、calは今年の今月の1か月のカレンダーを生成します。
[year] オペランドのみが与えられている場合、指定された暦年のすべての12ヶ月間のカレンダーを生成します。
[month] と [year] の両方のオペランドが与えられた場合、calは与えられた年の与えられた月の1カ月のカレンダーを生成します。

ざっくりOPTION

なし

ざっくりOPERANDS

  • month
    • 1(January)から12(December)までの10進整数で表される表示する月を指定します。
  • year
    • 表示されるカレンダーの年を指定します。1から9999までの10進整数で表されます。

ざっくりまとめ

ちょうどあなたが今、何かしらのシェルを使っているのなら、
スマホでみるよりも、卓上カレンダーをみるよりも早く、今週末が何日かを知ることができます。
特殊な形式(カレンダーとしては見やすい)で出力されるので、有効活用の方法は分からないです。
「月の1週目の今月に含まれる日数を調べる」...とか?

cal | head -n 3 | tail -1 | wc -w
1

POSIX1日1コマンド[part11]: c99

mokicks.hatenablog.com

詳細はこちらの記事へ。1日1POSIXコマンドを実行してみようというやつです。

c99

c99

とりあえず使ってみる

[vagrant@localhost 011]$ c99
-bash: c99: command not found

コマンドが見つかりません。

yumでインストールしてみよう

[vagrant@localhost 011]$ sudo yum install c99
Failed to set locale, defaulting to C
Loaded plugins: fastestmirror
Determining fastest mirrors
 * base: ftp.riken.jp
 * extras: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.riken.jp
base                                                                                                                                                          | 3.6 kB  00:00:00
extras                                                                                                                                                        | 3.4 kB  00:00:00
updates                                                                                                                                                       | 3.4 kB  00:00:00
(1/4): base/7/x86_64/group_gz                                                                                                                                 | 166 kB  00:00:00
(2/4): extras/7/x86_64/primary_db                                                                                                                             | 187 kB  00:00:00
(3/4): updates/7/x86_64/primary_db                                                                                                                            | 5.2 MB  00:00:01
(4/4): base/7/x86_64/primary_db                                                                                                                               | 5.9 MB  00:00:02
No package c99 available.
Error: Nothing to do

というわけでc99を使えるようにするところから書きます。

c99を使えるようにする

そもc99とは

C99 - Wikipedia

C99は、ISOで定められたC言語の規格である。正式な規格名は ISO/IEC 9899:1999。 ANSIの標準化プロセス(C89)のあと、C言語仕様はC++が標準化の取り組みによって進化しているのと比べて停滞していた。1995年には標準追補を作成したが、これはC89への細かい修正および国際文字集合対応の追加であった。1990年代の後半にいくつかの訂正を経て、ISO/IEC 9899:1999 として1999年に発行した。この標準は"C99"と呼ばれ、ANSI標準としても2000年5月に受理。国際的なC標準は作業部会ISO/IEC JTC1/SC22/WG14で保守している。

C言語の規格のようですね。

インストールする

gccに含まれているようです。
ですのでgccをpackage managerでインストールします。

$ sudo yum install gcc
$ sudo apt install gcc
$ c99
gcc: fatal error: no input files
compilation terminated.

c99コマンドが実行できるようになりました。

c99を使う

ざっくり使い方

C言語はわからないのでインターネットでしらべたHello Worldを準備します。

$ vim hello.c
#include <stdio.h>

int main(int argc, char *args[])
{
    printf("Hello, world!\n");
    return 0;
}

コンパイル

$ c99 hello.c
$ ./a.out
Hello, world!

アウトプットファイルの名前を指定

$ c99 -o hello hello.c
$ ls
a.out  hello  hello.c
$ ./hello
Hello, world!

ざっくりDESCRIPTION (翻訳)

Cプログラムをコンパイルする。
c99ユーティリティは、標準Cコンパイルシステムへのインタフェースである。 ISO C標準に準拠したソースコードを受け入れなければならない。システム概念的には、「コンパイラ」と「リンクエディタ」で構成されている。
[pathname] オペランドと[-l option-arguments] で参照される入力ファイルはコンパイルとリンクが行われ、実行可能ファイルが生成されます。 (リンクが完全にc99のオペレーション内で完全に起こるかは不特定です。一部の実装では、ファイルが実行されるまで完全には解決されないオブジェクトが生成されることがあります。)
[-c] オプションを指定すると、.cのフォームファイルのすべての [pathname] オペランドに対して、ファイルは次のようになります。

$(basename pathname .c).o

コンパイルが成功した結果として作成されるものとします。-cオプションが指定されていない場合、.cファイルオペランドに対してこのような.oファイルが作成されるか削除されるかは不定です。
リンクの編集を妨げるオプション(-cや-Eなど)がなく、すべての入力ファイルがエラーなしでコンパイルおよびリンクされた場合、結果の実行可能ファイルは [-o outfile] オプション(存在する場合)またはファイル [a.out] に書き込まれます。
実行可能ファイルは、ファイルの読み取り、書き込み、および作成で指定されているとおりに作成されますが、ファイルのパーミッションビットは次のように設定されます:S_IRWXO | S_IRWXG | S_IRWXU

プロセスの umask で指定されたビットはクリアされます。

ざっくりOPTION

C言語の知識がないのでオプションをざっくりキーワードだけ載せます。

  • -c
    • C言語の#defineディレクティブのように名前を定義します。
  • -D name[=value]
  • -E
    • C言語のソースファイルを標準出力にコピーし、すべてのプリプロセッサディレクティブを実行します。編集は行われません
  • -g
    • オブジェクトまたは実行可能ファイルに記号情報を生成する。
  • -I directory
  • -L directory
  • -l library
    • liblibrary.aという名前のライブラリを検索します。
  • -O optlevel
    • コード最適化のレベルを指定します。
  • -o outfile
    • 生成された実行可能ファイルには、デフォルトのa.outの代わりにパス名のoutfileを使用します。
  • -s
    • POSIX.1-2017のSystem Interfacesボリュームで定義されているexecファミリを使用して適切な実行に必要ないシンボリックおよび他の情報が削除(削除)されたオブジェクトまたは実行可能ファイル、またはその両方を生成する。
  • -U name
    • 名前の初期定義を削除します。

ざっくりまとめ

コンパイラの知識がない人からしたらc99は流石にコマンド名からどういう動作をするのか分からないのではないでしょうか。
私はC言語を使ったことがない + コンパイルとかをよく知らないのでこの程度のことしかかけませんでした。

gccGNUコンパイラコレクションですね。c99はc言語の規格なので様々な規格のコンパイラgccには入っているのでしょうね。

久しぶりにブログ投稿しようと思ったらポエム書いてた。

こんにちは。

久しぶりのブログ投稿です。

ポエムと戯言です。

mokicks.hatenablog.com

「さぁPOSIXを始めよう」というブログ投稿を始めてから、約半年が過ぎようとしています。

2月18日からこの投稿を始めました。そして現在は8月22日

$ expr \( `date --date "20180822" +%s` - `date --date "20180218" +%s` \) / 86400
185

185日経っています。

そして、POSIXコマンドの数が、

http://pubs.opengroup.org/onlinepubs/9699919799/utilities/zcat.html#tag_20_160 (アルファベット順の最後のコマンド「zcat」) が160個

そして投稿した数が「9」記事

あれ?おかしいぞ185日あったのに、残り151コマンドもやってないぞ。

結論

1日1つの記事を書くのはしんどいです。

何が言いたいのか。

ブログ投稿は義務でやっているわけじゃないので途中でやめても死にません。
だから好きなタイミングで投稿してしまいます。

1日1記事を書くという自分へのプレッシャーが毎日投稿をやめる理由になりました。

というのを盾に飽き性を守っています。

人間は自分を守る生き物です。ガーディアンです。セルフガーディアンです。

ストイックな人はガーディアンを説得しているのでしょう。

何かしらの対策をとってガーディアンに守るのをやめさせるのか。
それは、できませんでした。 できる方法がわかる人教えください。

じゃあどうやってガーディアンがいる状況でアグレッシグなムーブを起こせるのか。

それは「ガーディアンに攻撃だと気づかれないこと」で解決すると考えました。

ここでいう攻撃は「努力」とか「我慢」とかです。

僕の好きなアイドルグループの歌の歌詞に

「好きな事は苦しくたって努力と感じないよ」

という言葉あります。(Dの純情)

じゃあ好きになれるのか?

好きになれる人はすでに好きなんだと思います。

好きにないないものの努力は「それなり」でいいのだと思います。
(好きなものは努力と感じないので、そもそも努力ではない)

ガーディアンに守らせつつ攻撃を与える

簡単に言うと、無理をしないことですね。

仕事から帰ってきて、家に帰って「努力」「我慢」をするのはつらいですよね。

家に着いたら好きな事したくなるんですよね。

好きな事すればいいんです。好きな事した時間の何パーセントかを努力にあてましょう。

そのパーセントの見極めは難しいです。

0%の人もいると思います。それは仕方ないです。いつかパーセントが上がる日がくるかもしれません。その日を待ちましょう。

最初は10%ぐらいから始めるといいと思います。
18時に家に帰ってきて0時に寝るとして、 6時間もあるので、
60 * 6 * 0.1 = 36min
1日36分努力すれば、人生の10%の時間を継続的に自身の成長に向けられているのです。

そして、36minという時間が少ないと感じたらパーセントをあげていけばいいんです。

なので、「努力」をしている時間を測るのをおすすめします。

自分がどれぐらいの時間(%)を努力に使っているのかを確認して無理の無いラインを見つけましょう。

それがある程度続けらえたら、それがあなたの

ガーディアンに攻撃だと気づかれない攻撃です。

最後に

POSIXの投稿を怠っていたので言い訳ポエムを書いてみました(笑)
POSIXの投稿は毎日じゃなくすが、続ける予定です。

今勉強していること、今後更新があるかもしれないことをリストとして出しておきます

この辺のブログを書いていきますので、興味あればみてください。

POSIX1日1コマンド[part10]: bg

mokicks.hatenablog.com

詳細はこちらの記事へ。1日1POSIXコマンドを実行してみようというやつです。

bg

bg

とりあえず使ってみる

  • 事前準備
# カレントディレクトリのファイル確認
[vagrant@localhost 009]$ ls
file1  file2  file3
# 一秒ごとにlsした結果をlogに追記し、一定時間後に中断する。
[vagrant@localhost 009]$ while true; do ls; sleep 1s; done >> log_1
[Ctrl + C]
# ファイルの中身確認
[vagrant@localhost 009]$ cat log_1
file1
file2
file3
log
file1
file2
file3
log
file1
file2
file3
log
file1
file2
file3
log
file1
file2
file3
log
file1
file2
file3
log
  • jobを作る
# 1秒ごとにdateコマンドを実行
[vagrant@localhost 009]$ while true; do date; sleep 1s; done >> log_2      
^Z ([Ctrl + z]で一時停止しjobとして保持)
[1]+  Stopped                 sleep 1s

# 1秒ごとにlsコマンドを実行
[vagrant@localhost 009]$ while true; do ls; sleep 1s; done >> log_1
^Z [Ctrl + z]で一時停止しjobとして保持)
[2]+  Stopped                 sleep 1s

Ctrl+z-はSIGTSTPシグナルで、プロセスの一時停止を行うときに使う

  • jobの確認
# jobの確認
[vagrant@localhost 009]$ jobs
[1]-  Stopped                 sleep 1s
[2]+  Stopped                 sleep 1s

ふたつの停止しているjobがある。

  • バックグラウンドで実行するようにする。
[vagrant@localhost 009]$ bg 1
[1]+ sleep 1s &
[vagrant@localhost 009]$ jobs
[1]-  Done                    sleep 1s
[2]+  Stopped                 sleep 1s

バックグラウンドで実行されたことがわかる。(だが、継続処理はされない。)

  • 処理に時間がかかるもの

処理に時間がかかるものの場合どうか。 sleepで1000秒待ってみる。

[vagrant@localhost 009]$ sleep 1000
^Z
[vagrant@localhost 009]$ jobs
[3]+  Stopped                 sleep 1000
[vagrant@localhost 009]$ bg 3
[3]+ sleep 1000 &
[vagrant@localhost 009]$ jobs
[3]+  Running                 sleep 1000 &

バックグラウンドで実行(Running)されていることがわかる。

bg を知る

ざっくり使い方

bc [-l] [file...]

ざっくりDESCRIPTION

バックグラウンドでジョブを実行する。ジョブ制御が有効な場合(set -mの説明を参照)、bgユーティリティはバックグラウンドジョブとして実行することで、現在の環境(Shell Execution Environmentを参照)から中断したジョブを再開します。 job_idで指定されたジョブがすでに実行中のバックグラウンドジョブである場合、bgユーティリティは何の効果もなく、正常終了します。 bgを使用してバックグラウンドにジョブを配置すると、そのプロセスIDがあたかも非同期リストとして開始されたかのように、現在のシェル実行環境でプロセスIDが「知られている」ようになります。非同期リストを参照してください。

ざっくりOPTION

なし

ざっくりOPERANDS

bg job_id

再開するジョブをバックグラウンドジョブとして指定します。 job_idオペランドが指定されていない場合、直前に中断されたジョブが使用されます。 job_idの形式は、XBDのJob Control Job IDに記述されています。

ざっくりまとめ

Linux/Unixを使っていると、プロセスはよく目にすると思います。ジョブはどうでしょうか?
処理に時間がかかっている場合、別のターミナルを開きがちです。(SSHで新しくつなぐ)
みなさんはどうでしょうか?

実際にジョブを使うかは置いておいて、別の機会にジョブについて詳しく調べてみたいと思います。 それでは。

POSIX1日1コマンド[part9]: bc

mokicks.hatenablog.com

詳細はこちらの記事へ。1日1POSIXコマンドを実行してみようというやつです。

bc

bc

とりあえず使ってみる

  • bcコマンドのインストール
$ sudo yum install bc
  • 実行
$ bc
bc 1.06.95
Copyright 1991-1994, 1997, 1998, 2000, 2004, 2006 Free Software Foundation, Inc.
This is free software with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
For details type `warranty'. 

処理が止まっているわけではない。計算式を待ち受けている。
試しに、1+1 を入力してみる。

$ bc
bc 1.06.95
Copyright 1991-1994, 1997, 1998, 2000, 2004, 2006 Free Software Foundation, Inc.
This is free software with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
For details type `warranty'. 
1+1

すると、

$ bc
bc 1.06.95
Copyright 1991-1994, 1997, 1998, 2000, 2004, 2006 Free Software Foundation, Inc.
This is free software with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
For details type `warranty'. 
1+1  <Enter>
2

計算結果が表示される。

  • 標準出力をパイプで渡す。
$ echo "1+1" | bc
2

式をパイプで渡すと計算結果が返ってくる。

ざっくり使い方

bc [-l] [file...]

bc を知る

ざっくりDESCRIPTION

任意精度の算術言語。任意の精度計算機を実現する。 与えられたファイルから入力を受け取り、標準入力から読み込みます。 bcへの標準入力と標準出力が端末にアタッチされている場合、bcの呼び出しは対話型であるとみなされ、以下のセクションで説明される動作上の制約を引き起こす。

ざっくりOPTION

  • -l
    • 数学関数を定義し、デフォルトのゼロの代わりにスケールを20に初期化する。詳しくは EXTENDED DESCRIPTION を参照してください。

ざっくりOPERANDS

bc [file]

bcプログラムステートメントを含むテキストファイルのパス名。すべてのファイルが読み込まれた後、bcは標準入力を読み込みます。 (入力ファイルは、読み込まれたときに実行される一連のコメント、文、および関数定義を含むテキストファイルでなければならない。)

ざっくりEXTENDED DESCRIPTION

このセクションの文法と次のセクションの字句規則は、一緒にbcプログラムの構文を記述します。このスタイルの文法の一般的な規則は、文法規則で説明されています。有効なプログラムは、文法の非終端記号プログラムとして表現することができます。この正式な構文は、テキスト構文の記述よりも優先されます。

EXTENDED DESCRIPTION 詳しくはこちら

ざっくりまとめ

計算できるということがわかりました。が、一朝一夕では習得できる内容じゃなさそうなので、「POSIX1日1コマンド」の中では深く触れれませんでした。

「詳しくはこちら」で済ましている部分はいずれ、"いずれ"習得したいものです。

使いこなせると、POSIXの範囲で複雑な計算ができるようになるので、是非習得したいものです。

POSIX1日1コマンド[part8]: batch

mokicks.hatenablog.com

詳細はこちらの記事へ。1日1POSIXコマンドを実行してみようというやつです。

batch

batch

とりあえず使ってみる

$ sudo systemctl status atd
● atd.service - Job spooling tools
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/atd.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Sun 2018-02-25 23:50:07 UTC; 22s ago
 Main PID: 3314 (atd)
   CGroup: /system.slice/atd.service
           └─3314 /usr/sbin/atd -f

Feb 25 23:50:07 localhost.localdomain systemd[1]: Started Job spooling tools.
Feb 25 23:50:07 localhost.localdomain systemd[1]: Starting Job spooling tools...

起動していなければ、

$ sudo systemctl start atd

・使う

# 事前のディレクトリ確認
$ ls
jobs

# jobの内容を表示
$ cat jobs
echo `date` >> sample.log

# batchコマンドに渡す
$ cat jobs | batch
job 22 at Mon Mar  5 19:03:00 2018

# 実行されている事がわかる
$ ls  
jobs  sample.log

# コマンドの実行結果がsample.logに追記されている。
cat sample.log 
Mon Mar 5 19:03:23 UTC 2018

・複数回キューに追加してみる

# 複数回実行
$ cat jobs | batch
job 33 at Mon Mar  5 19:12:00 2018
$ cat jobs | batch
job 34 at Mon Mar  5 19:12:00 2018
$ cat jobs | batch
job 35 at Mon Mar  5 19:12:00 2018
$ cat jobs | batch
job 36 at Mon Mar  5 19:12:00 2018
$ cat jobs | batch
job 37 at Mon Mar  5 19:12:00 2018
$ cat jobs | batch
job 38 at Mon Mar  5 19:12:00 2018
$ cat jobs | batch
job 39 at Mon Mar  5 19:12:00 2018
$ cat jobs | batch
job 40 at Mon Mar  5 19:12:00 2018

# sample.logを確認
$ cat sample.log 
Mon Mar 5 19:05:53 UTC 2018

この時点では追加されてい無い事がわかる。

# キューの内容内容を確認
# bというキューにたくさんキューがたまっている
$ atq
33 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
34 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
35 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
36 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
37 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
38 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
39 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
40 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant

# 少し時間を置く
$ atq
35 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
36 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
37 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
38 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
39 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant
40 Mon Mar  5 19:12:00 2018 b vagrant

少し時間がたってキューの中身が減っているのがわかる。

キュー内のコマンドが実行されたことを意味するので、sample.log にも処理内容が追記されている。

$ cat sample.log 
Mon Mar 5 19:14:53 UTC 2018
Mon Mar 5 19:15:53 UTC 2018
Mon Mar 5 19:16:53 UTC 2018

batch を知る

ざっくり使い方

<command> | batch

ざっくりDESCRIPTION

バッチ・キュー内で実行されるコマンドをスケジュールする。
標準入力からコマンドを読み取り、バッチ・キュー内で実行するようにスケジュールします。それは以下のコマンドと同等です:

at -q b -m now

(atコマンドで 「b」というキュータスクを追加する。) ここで、キューbは特別なキュー、特にバッチ・ジョブ用です。バッチ・ジョブは、時間制約なしでバッチ・キューに提出され、バッチの呼び出しごとに異なる不特定の要因に基づいてアルゴリズムを使用してシステムによって実行されます。

実装定義のディレクトリにあるat.allow(/etc/at.allow)ファイルに名前が表示されている場合、ユーザはバッチを使用することが許可されます。そのファイルが存在しない場合、実装定義のディレクトリにあるat.deny(/etc/at.deny)ファイルをチェックして、ユーザがバッチへのアクセスを拒否されるかどうかを判断しなければなりません。いずれのファイルも存在しない場合、適切な特権を持つプロセスだけがジョブをサブミットすることが許されます。 at.denyだけが存在し、空である場合、グローバルな使用が許可されます。 at.allowファイルとat.denyファイルは、1行に1つのユーザー名で構成されます。

ざっくりOPTION

なし(batchコマンド自体にはなし)

ざっくりOPERANDS

なし(batchコマンド自体にはなし)

ざっくりまとめ

以前に使ってみた、atコマンド の 「負荷が少ないときに処理を実行するバージョン」だそうです。

mokicks.hatenablog.com

Linux の at, batch コマンド

atコマンドをざっくりとしか使ってい無いため、使用感まではわかりませんでしたが、処理に時間がかかり、他の処理を優先させたい場合にbatchを使うのは良いかもしれません。

また、

man batch

を実行すると、atコマンドのmanが表示され、その中の一つの要素としてbatchが存在します。