As rookie

ルーキーインフラエンジニアがインフラのこと以外も結構書いてしまうブログ

POSIX1日1コマンド[part3]: asa

mokicks.hatenablog.com

詳細はこちらの記事へ。1日1POSIXコマンドを実行してみようというやつです。

asa

asa

ざっくりDESCRIPTION

キャリッジコントロール文字を解析する。(?)
入力ファイルを標準出力に出力し、テキストファイルからキャリッジコントロール文字を処理系定義の方法で、ラインプリンター制御シーケンスにマッピングする。
全ての行の最初の文字が削除され、以下の処理が実行される

削除された文字

  • スペース
    • 残りの行はそのまま出力される
  • 0
    • 改行が出力され、残りの行も出力される
  • 1
    • 処理系定義文字が次のページに進むために出力され、残りの入力行が続く
  • +
    • 前の行の改行は、一つ以上のの処理系定義文字をプリントし、列の位置を一つ戻り、残りのの入力が続く。+が最初の文字の場合はスーペースと同じ処理になる。
キャリッジコントロール文字とは?

carriage-control characters がわからなかったので調べてみた。

単純に「キャリッジコントロール」で調べてもでてこない。だが、改行コードの話はでてくる。

キャリッジ・リターン(carriage return)は本来、テレタイプ端末の Baudot Code における制御文字を指す用語で、行末から行頭に戻す復帰コードであって、改行コードを含まない。その後、タイプライターで一行打ち込んだ後で紙を固定するシリンダー(キャリッジ)を次の行の先頭にタイプできるように戻し(リターン)改行する機構(またはその機構を操作するレバー)を「キャリッジ・リターン」と呼んだ。

キャリッジコントロール文字はおそらく、文字の復帰等を制御する文字だと仮定した。

改行コード - Wikipedia

ラインプリンター制御シーケンスとは?

line-printer control sequences (ラインプリンター制御シーケンス)も分からなかったので調べてみた。

そもそもラインプリンターとは

kotobank.jp

行印字装置だそう。

ラインプリターを制御するシーケンスということでしょう。

ざっくり使い方

asa <file>

ざっくりOPTION

オプションは無い

ざっくりOPERANDS

asa <file>

ファイルが指定されていない場合は標準入力が使用される。

ざっくりまとめ

おそらく、ラインプリンターを使うときに使うコマンドだと思います。 自分の環境で試そうとしたところ、

[vagrant@localhost 003]$ asa
-bash: asa: command not found

となりました。 ラインプリターが統合されているUNIXマシンではasaコマンドが使えるのでしょうか。

詳しい方もしこの記事を見つけたら教えてください.